不妊症に悩む女性たち

ここ数年、不妊症に悩む女性が増えているといわれています。

不妊症とは妊娠を望んでいるのにも関わらず、子供ができない場合や不妊治療を行っているのにも関わらず効果が表れないといったケースを指します。

なかには人工授精や体外受精を行っても妊娠できないケースもあります。

通常の夫婦生活がある場合、2年経過して妊娠しなければ不妊症と判断されます。

産婦人科を対象に行われた最近の調査では初診の患者さんの平均年齢が35歳を超えていると回答したところも多く、

初出産の年齢がどんどん上がっていることと比例して不妊症に悩む女性も増えているといいます。

 

不妊症のさまざまな要因

 

結婚適齢期という言葉が死語になりつつある今、女性が結婚する年齢は年々上がっていると言えます。女性の社会進出が進み、活躍の場が広がるにつれ「結婚はいつでもいい」という意識が高まっているようです。確かに結婚はいつでも何歳になってもすることができます。しかし妊娠となると話は別なのです。35歳を境に急激に妊娠しづらくなるのにもかかわらず、「不妊治療さえ行えばいくつになっても妊娠は可能」という間違った考えをもった人が少なくないのです。しかし、実際に不妊症に悩む女性の半数以上が年齢的な理由、すなわち卵子の老化によって妊娠できずにいるのです。もっとも20代から不妊治療を続けて30代後半になっても妊娠できないという患者さんもいるため、一概に卵子の老化だけが原因とは言えません。では不妊症の原因となるその他の理由にはどんなものがあるのでしょうか。